格闘オヤジのスタートから現在までの足跡。。。

うちのカミさんの足跡。。。

2015年2月9日月曜日

高齢になってきた親の介護について、、、

私が今年53歳、カミさんが50歳となります。
私の親は父が46年ほど前に病気で他界し、
現在同居している母だけです。
母は年齢相応、足腰は弱っているものの、大きな疾患もなく
一応元気にしています。
カミさんの両親は健在ですが、義母が数年前に認知症の
診断を受け緩やかに進行している状況。
義父は元気にしていますが、義母の病気が自分への
プレッシャーとなっているのか?ちょっと鬱気味。
義父母とも、介護、支援が必要な状況ではないのですが、
義父は家事(特に食事)が全く苦手なので、カミさんが
週末に出かけています。

カミさんが週末に出かける事以外では、今のところ我が家も
通常の生活を保っていますが、私の母も含めて誰かが
患ってしまうと、この微妙なバランスが崩れます。
根が臆病な事もあり、最悪の状況を常に考えるたちで、
3人の親が全て介護の必要が出てくるような場合を考えて、
今後の生活を考えないといけないなと思い始めています。

自分達だけで完全な介護をするという事は、
聞こえは良いですが、自分たちの生活も崩れかねない。
理想かもしれませんが、とても難しいでしょう。
やはり、専門の施設等、サポートを受けざるを得ないかと。
私の母は同居だし、カミさんの両親は車で1時間ほどの
距離です。考え方によっては恵まれているのかも。
しかも、息子達も長男は自立してますし、次男は学生ですが、
成人となっていますので、手がかからなくなっています。

どうなるかわからない事を心配していても仕方ないでしょうが、
そういった時のため、腹をくくって置くことも必要!!
また、具体的な準備(行政や民間のサポート)等も
事前に勉強もしておかないと、、、
まあ、この辺はカミさんが介護職員研修課程を受けて
いますので適切な選択は可能でしょう。

私たち夫婦も人生の最終コーナーを回り始めているのかな?
コーナーを回る時の「G」は強烈かもしれませんが、
へこたれない様な体力を維持しつつ、無事曲がり切って、
ゴールへの直線を疾走したいなと思います。
出来れば、ゴール後にウィナーズランが夫婦で出来るのが
夢ですね~
まずは、真珠婚式(結婚30周年、私57歳、カミさん54歳)に
ホノルルマラソンに出場→完走を目標にしましょうか!!

今週は、10km(4601.0km)のジョグでした。
週の前半は調子良く走っていましたが、
後半に花粉症が発症!
咽喉をやられて咳が止まらず、、、トホホ

カミさんは18.5km(2853.5km)のジョグでした。
最近のモチベーションの高さは素晴らしいです。
走る気満々!!
週末も熱田神宮往復を考えていましたが、
雨のため断念^^

4 件のコメント:

がん さんのコメント...

やっぱり大切なのは、「若ぶること」ではないでしょうか?
その点、格闘オヤジさんは全く問題ないと思います。
中年世代の誰よりもチャレンジブルで積極果敢で。
私の先生も「若さの秘訣は若い学生と一緒に稽古することだ」と仰っています。
最後のコーナーまで全力疾走してください!

けったオヤジ さんのコメント...

格闘オヤジさん、

親の介護・・うちの悩みは、大阪で一人暮ら
しをしている私の父のことです。
人に迷惑をかけたくないとかで、法的介護も
わざわざ市役所に行って「介護は受けないか
ら」と言いに行ったり、その後、本気かどう
か、山で行方不明になって人知れず死んでい
きたいと言ってみたり、近所で一人暮らしの
人が孤独死をしたことをうらやましがったり
と、異常な考えをもっているのです。(どん
だけ人に迷惑をかけるつもりなんや~)

当家は少し一般の家庭とは異質な悩みを抱え
ています。
時々電話で元気なのを確認していますが、
もう84歳と高齢なので、いつまでも放ってお
けません。取り敢えずうちの近所に住んでも
らおうと、物件を探して誘ってみたのです
が、「引っ越す意味がない」とかで一蹴され
ました。

歳とともにますます頑固になってきた様子。
どうしたものか・・トホホ・・

格闘オヤジ さんのコメント...

<Re:がんさん>
仕事でもプライベートでも、ふと気が付くと
周りでかかわっていただいている方々が
年下となり、中には親御さんと同じ年齢と
いう事もあるのです。
でも、田中先生がおっしゃられている様に、
若い方と同じ視線で同じ事にかかわる事が
一番なんでしょうね~
合気道の方でも当分は私が最年長でしょう。
気負わず、無理せず続けていこうと思います!

格闘オヤジ さんのコメント...

<Re:けったオヤジさん>
やはり歳とともに頑固になるんですね~
(全てではないでしょうけど^^)
うちのオフクロも同様です!
頑固になるのに加えて、何につけても
こだわりが強くなるようで、、、
中々古い物が処分できなくなっている様に
思います。

けったオヤジさんのお父さんも十分元気
そうですが、年齢を考えると心配ですよね。
せめて近くに住んでおられればいいですが。

でも、自分たちも行く道ですから。
出来るだけ本人が満足できる環境で
生活出来る様にしてあげようと思います。